団体概要

logo 一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)は、 主に開発途上国の産業人材を対象とした研修および専門家派遣等の技術協力を推進する人材育成機関です。
これらの事業を通じて、日本と海外諸国相互の経済発展に貢献するとともに、 友好関係の増進にも寄与します。
  

団体概要

名  称 一般財団法人海外産業人材育成協会*
The Overseas Human Resources and Industry Development Association
略称: HIDA(ハイダ)
財団法人海外技術者研修協会(AOTS)財団法人海外貿易開発協会(JODC)2012年3月30日に合併して財団法人海外産業人材育成協会(HIDA) となり、2013年4月1日一般財団法人へ移行。
設  立 1959年(昭和34年)8月10日
事業目的 産業国際化の推進、貿易の振興、投資活動の促進および国際経済協力に関する事業を行い、
もって日本と海外諸国の相互の経済発展および友好関係の増進に寄与する。
目的を達成する
ための事業
(1)  国内外の産業および人材の育成に必要な研修生等の受入および研修
(2) 国内外の産業および人材の育成に必要な専門家等の派遣
(3) 国内外の産業および人材の育成に関する調査等
(4) 国内外の人材の育成に必要な施設の管理および運営
(5) 開発途上地域における産業の育成に資する日本の中小企業の海外投資の円滑化を
図るために必要な資金貸付およびこれに関連する調査
基本財産7億円
事業規模約77億円 (2015年度予算額)
受入研修 160コース 3,700人    専門家派遣     270人
海外研修  40コース 1,200人    インターンシップ 160人
実績人数 受入研修 178,453人    専門家派遣   8,164人
海外研修 196,482人    インターンシップ 862人  (2014年度までの累計)
事 業 所
国内拠点:  東銀座事務所:  東京都中央区
北千住事務所:  東京都足立区
研修センター:東京・関西(大阪市)
海外拠点:バンコク、ジャカルタ、ニューデリー、ヤンゴン
職 員 数129人(2015年4月現在)
PageTop

HIDA事業概要

HIDA事業概要のパンフレットはこちらからダウンロードできます。