技術協力活用型・新興国市場開拓事業(研修・専門家派遣事業) (国庫補助事業)

[旧:新興市場開拓人材育成支援事業]
| 技術協力活用型・新興国市場開拓事業(研修・専門家派遣事業) トップ |
| 受入研修 ( 技術研修 / 管理研修 ) | 海外研修 | 専門家派遣 |
本事業は、我が国企業の海外展開に必要となる現地拠点強化を支援するため、 開発途上国における民間企業等の現地の人材育成を官民一体となり実施し、現地の産業技術水準の向上や経済の発展を図ることを目的としています。
この事業には、人材育成の手段として以下の3つのタイプがあります。

1.受入研修(日本で行う研修)

開発途上国の技術者・管理者を日本に招聘して行う研修を受入研修と呼び、 以下の2つのタイプがあります。

1)技術研修

製造技術等の固有技術を習得することを目的とした研修で、 日本語や日本理解を深めるためにHIDAの研修センターで実施する一般研修と、 固有技術を習得するため民間企業の製造現場等で実施する実地研修の2つから成り立ちます。

2)管理研修

企業経営や工場管理に必要とされる各種管理技術の手法等を講義、 演習、工場見学等を通じて学ぶ研修で、HIDAの研修センターで実施します。 また、日本国内の企業が研修生受入企業となって申し込む場合は、 管理研修終了後に実地研修を実施することも可能です。

2.海外研修(海外で行う研修)

日本から講師を海外に派遣して現地で行う集団研修を海外研修と呼びます。 現地企業で必要とされる基礎的な技術や広く利用・応用可能な技術について、 一度に多くの参加者に伝達する際に有効です。

3.専門家派遣

開発途上国の企業に対し、 その企業と出資・商取引の関係にある日本の企業等から専門能力を有する技術者等を派遣して、 直接指導を行い、生産性や品質の向上、経営の改善を図る事業です。