公開シンポジウム開催案内

公開シンポジウム開催案内: 2016年1月27日(水)東京開催

タイ 労働事情 シンポジウム 〜日系企業が抱える労使関係・人材育成の課題〜

日本企業がグローバル化を進める中で、タイはますます重要な地位を占めるようになってきています。
一方、タイをとりまく環境や内政の状況も変わりゆく中で、日本企業は今まで以上にタイで優秀な人材を育成・確保し、円滑な労使関係のもと、利益をあげていくことが求められています。
本シンポジウムでは、第一部で法政大学 教授 浅見靖仁氏に「タイの労使関係とその政治的背景」について基調講演いただきます。第二部では浅見教授をモデレーターとして、タイで現地法人運営の経験がある方、タイで自社の人材育成に奮闘されている方、進出日本企業の操業支援に尽力された方、タイで日系企業に勤務経験のあるタイ人の方など、経験豊かなパネリストの方々が皆様のご興味のあるテーマ・ご質問についてパネルディスカッションを行います。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。
日時 2016年1月27日(水) 13:30〜16:30
会場 HIDA東京研修センター 講堂(B1) (東京都足立区千住東1-30-1)
主催 一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)
参加申込 参加費無料。定員50名。 お申し込みは、Eメールもしくはファックスでお願いいたします。
  • Eメールでのお申し込み: to contact
  • ファックスでのお申し込み: 03-3888-8242
先着順に受付いたします。定員がございますので、お早めにお申し込みください。
申込用紙もしくはメールに以下をご記載ください。
  (1)お名前(漢字・フリガナ)、(2)ご所属名、(3)業種、(4)役職、(5)電話番号
  (6)Eメールアドレス、(7)ご希望のパネルディスカッションのテーマやパネリストへの質問
申込締切 2016年1月25日(月)
お問合せ先 一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)  産業国際化・インフラグループ
TEL:03-3888-8253 FAX: 03-3888-8242 E-Mail: to contact
プログラム
【第一部】
 13:35-14:25   基調講演: タイの労使関係とその政治経済的背景
  1. タイの現在の政治状況(労使関係への影響)
  2. タイの労使関係・労使間の紛争解決メカニズムの特徴
  3. タイにおける労使関係・労働事情を鑑み日系企業が注意すべき点、
    配慮しなければならない点
法政大学 法学部 国際政治学科 浅見靖仁教授
【第二部】
 14:40-16:30   現地での経験談: パネルディスカッション及び質疑応答
テーマ:
採用、給与体系、人材育成・離職率、賃上げ・労働組合との対応、他
パネリスト: (50音順)
株式会社喜久屋 代表取締役兼CEO中畠信一氏
冨士ダイス株式会社 東日本営業部 執行役員 部長 橋本健氏
フリーランス通訳武藤アンチャリー氏
タイ王国公益法人お互いフォーラム シニアアドバイザー  矢島洋一氏
(元独立行政法人日本貿易機構バンコク事務所 投資アドバイザー)
モデレーター: 浅見靖仁教授

講師陣
【基調講演・モデレーター】
法政大学 法学部 国際政治学科
浅見靖仁教授

研究テーマ:
東南アジア諸国の政治経済・比較民主主義論・中進国の社会政策
タイの労使関係とその政治経済的背景
1987年  東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了
1988年 タイ・タマサート大学大学院修士課程修了
1992年 米ハーバード大学大学院博士課程コースワーク修了
1993年 東京大学大学院博士課程単位取得退学
一橋大学社会学部専任講師、助教授を経て、2006年同大学教授
2015年 法政大学法学部国際政治学科教授
主な著作(共著):
『東アジア政治のダイナミズム』(青木書店)
『東南アジア・南アジア:地域自立の模索と葛藤』(大月書店)
『アジアのソーシャルセー フティネット』(勁草書房)
【パネリスト】
株式会社 喜久屋
代表取締役兼CEO 中畠信一氏
1956年創業。クリーニング・保管・リフォームを事業とし、首都圏に120店舗以上を有する。
1998年に代表取締役就任後、 イークローゼット(Web上で受付可能なクリーニング&保管サービス)やF.C.S.(マンションコンシェルジュと提携したクリーニングサービス)、 リアクア(全国のクリーニング事業者との協業によるネット宅配クリーニングサービス)といった新サービスを展開。
2011年12月よりタイでアパレル事業を展開後、2013年5月にタイにクリーニング事業の現地法人「Kikuya Thailand Co. Ltd.」を設立。
日本流のきめ細かいサービスをタイでも目指し、人材育成にも力を入れる。
冨士ダイス株式会社
東日本営業部 執行役員 部長 橋本健氏
1983年4月冨士ダイス株式会社入社。
2011年1月より冨士ダイス株式会社の100%子会社である
FUJILLOY(THAILAND)CO.,LTD.にてManaging Directorとして勤務。
2012年3月、従来のレンタル工場からアマタナコン工業団地に自社工場建設、移転の指揮を執った。
2015年8月に日本に帰国、現職。
フリーランス通訳
武藤アンチャリー氏
タイにて日野コンピューターシステム(タイランド)社・電通タイランド社勤務(通算10年)。
2004年に来日。来日後もタイに出張、日系企業で生産現場から就労関連を幅広く通訳・翻訳、
日本国内でもフリーランス通訳として様々な分野で活躍。
タイ王国公益法人 お互いフォーラム
シニアアドバイザー 矢島洋一氏

(元独立行政法人日本貿易機構(ジェトロ)バンコク事務所 投資アドバイザー)
1971年に伊藤忠商事株式会社に入社し、同社にてアフリカ・インドにて資源開発、中国・ミャンマーにて会社設立・経営に携わる。 駐在・長期出張を含めて、通算約25年の海外業務を経験。
2006年より8年間、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所にアドバイザーとして駐在。 バンコクにて会社設立から設立後の法務、人事労務、税制、会計など多分野にて日本企業を支援。
2014年5月に日本帰国後、タイ工業省主管のタイ王国公益法人お互いフォーラムにて、 日本とタイの両国政府により開始された新たなビジネスの案件形成を目指すプロジェクトのサポートを行う。